2009年10月28日水曜日

パニアケース装着

30ヶ月点検に出していたユリシーズですが、タイヤも新調し、さらにパニアケースも付けて返ってきました。

XB12X パニアケース

うーん、でかい。
お店の人に「すり抜けとか本当に注意してくださいね」と言われました。
元々そんなにすり抜けする方じゃないのだけど、確かに気を使いそう。

それと、コーナリングが変化した気がします。
タイヤが新しいせいだけとは思えない。パタンって倒れるようになった気がします。パニアのステーがそれなりに重量あるので、それの影響なのかなあ?僕は体重が軽い方なのでかえっていいのかもしれない。リアに体重乗せたい時とか。

あと、Xactiも返ってきたので車載動画の準備万端です。
むしろ旅に出たい勢いです。

とはいえちょいちょい微妙な仕事をしているので、旅にはなかなか出られません。
そんな鬱屈を微速度撮影にぶつけています。

昨日は台風一過でとても空が澄んでいたので、飽きずに荒川に微速度撮影しにいきました。
個人的には一番綺麗な空が撮れた気がします。



車載動画に微速度撮影、マイペースにやっていこうと思います。

2009年10月24日土曜日

【車載動画】091023_黄金の秋

先日滑り込みで日光の紅葉を見てきました。
先日のエリックへのメッセージから外国の方の閲覧数が増えたようなので、思い切ってテロップをすべて英訳することにしました。ええ、勿論エキサイト翻訳様の御力を借りまして笑 だもんで合っているのか全然自信がありません。。。



さて、詳しいツーリングの模様はmoreよりどぞ。

前の日に長丁場のプレゼンを終えたばかりで、そんなに睡眠時間も取れないまま朝早く出発。
平日のおかげで殆ど渋滞らしい渋滞も無く。無事に日光まできました。
土日はすごく混むんだけど、平日なのでがらがら。まあそれでも紅葉目当ての客は多かったわけですが。
東照宮に寄ってからいろは坂に行こうと思っていたのですが、がら空き具合に誘われてそのままいろは坂を上ってしまいました。
明智平は例年のごとく駐車場が満杯。
バイクはこういうとき邪魔にならないので、脇に置かせてもらい写真など撮影。

明智平から男体山を望む

朝のうちは少し雲が多かったけど、いろは坂上ったところですっきりと晴れてきました。
意気揚々と中禅寺湖、戦場ヶ原をめぐります。

中禅寺湖は快晴。
中禅寺湖
戦場ヶ原はまさに黄金。
戦場ヶ原のサービスエリアも錦秋
戦場ヶ原も黄金

さて戦場ヶ原から沼田へ抜けると、おなかが空きまして。
沼田に行くとつい寄ってしまう十割そばの「尾瀬」さんに今回もお邪魔しました。バイク割引とか甘酒や珈琲が無料とか至れり尽くせりの蕎麦屋さん。

田舎そばが好きな人はどぞ。二八蕎麦に慣れている方には固くて薄味に感じるかも。
昼は十割そばの「尾瀬」さんで

おなかも満たしたところで、時間はまだ昼過ぎ。
どうしようかなと思い、折角だからと赤城山にも上ってみました。

山頂付近は霧が・・・
霧に包まれた赤城山
大沼の中にある赤城神社。
赤城神社も霧に霞む
霧が出てきて幻想的な雰囲気です。
霧に包まれた鳥居
不思議な気配を感じます。
不思議な雰囲気
灯篭の赤も映えますね。
灯篭も幻想的
霧が濃くなってきた。
霧が濃くなってきた
本堂も霧に包まれ。でも参拝客はたくさん。
本堂も霧に包まれ

紅葉シーズン真っ只中のとても良い時期でのツーリングになりました。
さて次はどこへ行こうかな。
そうそう。ボルケーノハイウェイが無料になるとか。これは行かねば!・・・ではまた!

2009年10月17日土曜日

【車載動画】091017_エリックビューエルとすべてのBUELL乗りへ

衝動的にエリックへビデオレターを作成しました。
今まで撮りためた動画をつぎはぎしました。
エリックに「あなたが作ってくれたバイクのおかげでこんなに沢山の素晴らしい景色に出会えたよ」と伝えたかったので。





ビデオの最後に書いたメッセージが僕の希望の言葉です。

太陽は沈んでも、また昇る。
ビューエルだっておなじさ。そうだろ?

2009年10月16日金曜日

エリック=ビューエルからの重要なお知らせ

ショックなニュースでしたね。BUELL終了のお知らせ。
公式発表が出ていましたので転載しておきます。



エリック=ビューエルからの重要なお知らせ

さて、僕のユリシーズですがBUELLの中でも珍車です。いわば珍車中の珍車。
車高の高い僕のバージョンは結局3年ほどしか製造されていないんですよね。ちょっと今後のパーツ供給が心配です。

と、塞ぎこんでも仕方ないので乗れるだけ乗ってやろうと思います。
月末には点検なので、コレを機会にBUELLへの愛を示してやろうと思います笑 内容はまた今度。

ちなみにXactiも修理中でして車載動画は現在撮れない状況となっていますので、今月末までは微速度撮影とかしながらおとなしく過ごしています。それにしてもサンヨーサポートセンターが自宅の近くというのは大変嬉しい発見でした。

2009年10月11日日曜日

【微速度撮影】091010_微速度撮影のちらつき補正実験

まずご報告。
Xacti DMX-CA9戻ってきたのに、いきなり壊しちゃったorz
三脚用のネジをねじ切ってしまいました・・・よくある締め込み過ぎという・・・恥ずかしい。というかサンヨーサポート様ごめんなさい。また平日に電話させてください汗

さて本題。
かく言う理由で最近はX3ばかりいじっているのです。

この前微速度撮影したところ、夕暮れという微妙な時間帯の中で露出が安定しなくてちらつきが出てしまいました。




これを解消すべく、今回画像補正の実験をしました。

↓詳しくはmoreよりお読みくださいませ。

まず補正実験した結果の動画をまとめたのでご覧ください。



さて実際にどのようにしたのか下記で解説します。
ちらつきの解消でよく用いられる方法が平均化(イコライズ)です。
動画編集ソフトにその機能がついているものもありますし、photoshopでも同様の操作が可能です(こっちの方が若干処理に時間がかかりますが)
とりあえず「イコライズ」してみた画像を元画像と見比べてみましょう。
光の調子が違う写真二枚でやってみます。あ、画像クリックすると多少大きい画像で確認できます。

イコライズ

色味が大きく変わったことが分かると思います。
なによりも黒が明るくなってしまい、ディテールがかなり潰れてしまいます。
ディテールは仕方ないとして、黒味は「レベル補正」で黒を拡張してあげることが可能なのでやってみます。

レベル補正

ちょっと大げさにしましたが、こうして黒味を補正します。
ここまでがよくある方法ですね。これで動画を繋げると「ちらつき」はほぼありません。
今回の例だと特に下の写真が幻想的(笑)になりすぎているので、もう少し自然に出来ないか足掻いてみました。
やったことは割と単純で、強い色として出ている赤・マゼンダ・青の彩度を「色相・彩度」で少しずつ落としてあげました。

色相・彩度変更

さて、元画像と比べてみます。

元画像と比べてみる

下の夜の画像はやはりかなり幻想的ですが、上の夕暮れの写真はコントラストがぱきっとしたぐらいに抑えられたかなと思いますが、いかがでしょう。
本当は撮ったまんまの画像で繋げてちらつき軽減したいんですが、元画像の色を生かすとどうしてもちらつきが発生してしまうのでこれで様子見します。昼だけとかならこの補正で概ね問題無く使えるかも。
で、実際これ手作業でやるのは大変なので動画編集ソフトにその機能があれば使った方が楽です。
僕が使っているAdobe Premiere Elements 3.0は古いせいか、イコライズ機能がなかったのでPhotoshopでバッチ処理で数百枚を一気に書き出してしまいました。
もっといい補正のやり方をご存知の方、是非教えてください笑 なにとぞ!

2009年10月7日水曜日

車載動画についてのアンケートをまとめてみた。

10月入ったらやろうと思っていて、すっかり忘れてましたアンケートのまとめ汗
ということで突然ですが、集計結果をまとめてみます。

とりあえず、概要と詳細を別ウィンドウにでもしてみてください。

→結果概要ページ(グラフ化されていて見易いです)
→結果詳細ページ(各人の詳細結果です)

上記の結果をまとめてみると・・・

---

?車載動画歴は割と最近の人が多いみたい。
ニコニコ動画などの動画共有サイトの普及と連動しているように感じますがどうでしょうか。

---

?車載やる人はやっぱり車の方が多いみたい。
車の方がいろいろと自由が利きますからね、というかバイク人口がそもそも少ないので。
そう考えると、バイク乗りで車載動画やってる人の割合って車のそれより高いかもしれません。

---

?カメラはXacti利用者が多い。
ハンディカムも多いですが、今回はXacti派が強いなという印象。
特にバイク乗りの方は防水性能が大事になるので、Xacti一択という意見もありました。

---

?カメラ選びはおおむね自分の選択に満足しているよう。
カメラも安い買い物ではないので、色々と吟味した上で購入しているようですね。ゆえに満足度がそこそこあるのかなと想像しています。

---

?カメラの選ぶ基準は、値段・画質。バイクは防水かどうか。
画質となるとやはりハンディカムが強いみたいです。
バイクはいわずもがな防水性能が大事と。

値段というところでEXEMODEなんかを使っている方もいますね。もし無くしたり壊れたり・・・って時に値段というのも大事な要素ですね。

---

?次はやっぱりハンディカム?
なんだか非常にハンディカムの一部の機種の人気が高かったですね。
HDR-XR520VかCX520Vが多数。画質(夜景もいけるそう)と長時間撮影と手ブレ機能に期待しているんでしょうか?

バイクは現状では適当なのが無いという意見もあります。防水少ないのでごもっとも。。。

---

?マウント場所はフロントに集中。そりゃそうか。
みんな走っているところに向かう形で撮ってますね。後ろや横を撮る人はマイノリティのようです。

---

?マウントは自作が多い。満足度が高いのはすぐに工夫するから?
自作マウントする方が多いようです。既存のマウントでは満足できないor値段が安く済むといった理由が大勢でしょうか。自作なので、満足できない場合は色々工夫している様子。したがって満足度も高いように感じます。

ふと吸盤を使う方も結構いるのね、と思いました。吸盤って実は高性能なんだよなあ。

---

?悩みどころはやはり振動。工夫するとアングルの自由度が・・・
皆さん振動に苦労されている様子。
またアングルの自由度に関しても不満があるようです。左右は自由雲台で解決できなくもないけど、高さの自由度はなかなか。。。

---

いかがでしょうか?
ちなみに筆者はバイク、しかも振動ぶれっぶれのBUELL乗りなので振動はある程度諦めております笑
とはいえ、防水でハンディカムタイプの箱型で画質の良いカメラがあれば欲しいですね。Xactiみたいなガングリップ型は振動に弱いので箱型がうらやましい。
個人的にはハンディカムで防水ボックスをペットボトルか何かで自作すればとりあえずはいけるかなとか画策しています。

他方、マウント自作派が結構多かったのが新鮮でした。
既製品を改造して使っているというパターンが最も多いんだろうなあと予測。アングル問題はやはり自由雲台との組み合わせがいいかもしれませんね。筆者が最近使っているマンフロットの391RC2はハンドルでパンできるので重宝しています。高さに関してはなかなか解決が難しそう。ハイアングラーさんのように車の屋根にぶったてるくらいの心意気が必要かも笑

また何か思いついたらアンケートを取ってみたいと思います。
ひとまずご協力いただきました皆様ありがとうございました!

2009年10月3日土曜日

がんがん車載動画するぞ!と息巻いたが。

なんと買ったばかりのXacti DMX-CA9が入院決定でした。
価格.comで質問していた件が、どうやら何が原因か分からないのでお預かりということに。あー。

せっかく会社辞めて時間が作れるのに。。。
あとフロントタイヤもそろそろやばいのと、点検を受けねばならない時期ということもありツーリングは10月後半?11月が中心になりそうです。

ということなので、しばし微速度撮影や一眼の練習に勤しもうかと思います。

© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall