2010年9月26日日曜日

シルバーウィークを利用して青森周遊してみました。

お久しぶりです。シルバーウィークをなんとかもぎ取り、青森に行ってきました。
今回は動画編集にかなり時間がかかる、というか素材が多すぎてアレなんで、とりあえず写真とレポートだけ先にアップしておきます。

今回キャンプなどではなく、青森に出来たばかりのリッチモンドホテルがオープニングセールで一泊5000円だったので5泊させてもらいました。

片道700km近くを走って、夕方青森に到着。
リッチモンドホテルの立地は国道沿いで利便性が良くてよしよし。
さっそくチェックインして部屋に入ると・・・

うおう。シックで豪華なお部屋。。。
リッチモンドホテル青森の客室

自分のツーリング史上初めてです、こんなちゃんとした部屋・笑
これで一泊5000円は安いです。かなり得した気分。

一日目は移動で終了。
夜、青森在住の友人とごはんに出掛けてたのしい夕べとなりました。

さて次の日は・・・

二日目。どんより天気ですが、午前中は大丈夫とのことで竜飛岬を目指しました。

でも途中で土砂降りに・・・
土砂降りじゃまいか・・・

おい、聞いてないよ?苦笑
何気に土砂降りの雨に降られたことすらない超絶晴れ男の僕は、カッパなどというものを10年来買ったことすらないわけでした。おかげで全身びしょ濡れ・・・
海浜公園っぽい施設の屋根付きのテーブル&ベンチで休憩しつつ、どうしたもんかと考えました。
んで、iPhoneで青森にモンベルがあることを発見。電話して、カッパ(ストームバイカー)とブーツとブーツカバーの在庫を確認。取りおいてもらいました。
僕のブーツ、ずっとコロンビアの山靴だったんですがこの雨に耐えられないことがわかりました。山靴は3?5年で寿命らしいので仕方ないですね。これを機に履き替えることにしました。
帰りは惨めな気分になりながら、青森に戻り、びしょ濡れのままモンベルへ。向かいが丁度ユニクロだったので、靴下を買い、試着室の前でそのまま履き替えて、モンベルのカッパやブーツを試着しました。
で、結局購入。

果たして効果の程は・・・?
鉄人・加曽利さんも履いているというモンベルのツオロミーブーツ。ゴアテックスなのに安価です。
モンベルのツオロミーブーツとブーツカバーとストームバイカー。

このままホテルに帰るのも悔しいので、ご当地B級グルメで有名になったという「味噌カレー牛乳ラーメン」なるものを食べました。

これが思ったよりずっと美味しくてびっくり!
濃厚な味が好きな人はオススメ!
味噌カレー牛乳ラーメン・・・

ホテルに戻って、熱いシャワーを浴びて気持ちをリセット。
二日目は割り切って青森市街を楽しみました。
三日目。快晴。
昨日の天気から打って変わっていい天気。念のため昨日購入した雨具セットなども積んで出発。
まずは竜飛岬リベンジ。
昨日と景色が全く違っていてびっくり。いやあ青森来て初めての快晴で心が踊ります。
晴れていると自然とペースが上がります。さくっと竜飛岬到着。

竜飛岬綺麗だわあ。
竜飛岬
対岸は北海道。雲がもくもく陸地にかかっています。
対岸は北海道
うわさの階段国道。ホント普通の階段でビビったw
これが噂の階段国道
竜飛岬に吹きすさぶ風の中、仲睦まじいカラス達。夫婦かな?
仲睦まじいカラスの夫婦?

やっと竜飛岬に訪れることが出来て嬉しかったです。大間から北海道に行ったのがもう7年くらい前で、その頃から行きたかったのでひとしお。
とか言いつつも、時間が早かったので余力十分。
天気もいいし、南下して白神山地まで行ってみよう!と思いまして。
とりあえず籠泊ラインに乗って南下。これがなかなか素敵なワインディングでペースがさらに上がります・笑
あっという間に小泊の道の駅に到着。

海岸線を快走する籠泊ライン・最高!
道の駅・小泊

そこからもペースは維持。なんといっても交通量が少なくて快適。
自衛隊の演習場の脇をさらに南下して、海岸線をひた走り・・・白神山地の観光スポット「十二湖」に到着。

青池。本当に青いです。不思議。。。なぜ青いかは不明だそう。
十二湖・青池
水面はぴくりともせず静かです。観光客はさすがに多い。
青池は本当に青い。
白神山地の深い森。森のいい匂いがします。
白神山地の深い森

不思議な気分になりました。白神山地、さすが世界遺産ですね。
調子に乗って、白神林道を走って白神山地をさらに満喫しようと思ったのですが・・・これが前日の大雨で道が川のようになっていました汗
以前の僕ならえいやっと走ってしまうところですが、WR乗るようになって自分のスキルの限界も分かってきたので、ここは引き返すことに。まあ実際引き返すだけでもすごく大変でした苦笑 岩がごろごろしてたんだけど、これってやっぱり前日の雨で崩れたのかしら???
白神山地を下ってきたところでポツポツと雨が・・・
ここぞとばかりにモンベルの雨具セットを着込んで走行。きちんと仕事してくれて満足でした。ツオロミーブーツ、本当に浸水しなくて感動した!
帰りは雨がまたすごくて、微妙に道に迷いつつ弘前通過したりしてなんとか青森到着。充実の三日目でした。
白神山地、今度はWRで行きたいな。白神林道、ダート45km・・・ゴクリ。

竜飛岬リベンジ

EveryTrail - Find trail maps for California and beyond
青池ー白神山地洗礼

EveryTrail - Find the best hikes in California and beyond

四日目。
今日は青森在住の友人を後ろに乗せて、奥入瀬?十和田へ。
朝っぱら合流して、まずは青森市街を突っ切り南下。R103に乗り八甲田を越えます。
途中、地元友人がここは寄った方がいいという酸ヶ湯と睡蓮沼に立寄り。

酸ヶ湯。硫黄くせーw かなりよさげな温泉らしいですぞ。
酸ヶ湯温泉。ぼこぼこ。
睡蓮沼。晴れていると八甲田が一望できるビューポイントだそうです。この日は曇り。
睡蓮沼。残念ながらくもり。

八甲田を越えて、ついに奥入瀬へ。
��?7年振りの奥入瀬は相変わらず森が深くていい匂いがします・・・

今回は観光スポットとして名高い石ヶ戸で停車。
奥入瀬渓流・石ヶ戸
昔ここに女盗賊が住んでいたとか。
石ヶ戸。悪い人が住んでたそうですw
青森の森って深くて荒々しいんですよね。神秘的。
奥入瀬の深い森
色々な種類のきのこが群生しています。やはり豊かなんだなあ。
あちこちに色々な種類のキノコが生えています。
見たことのない蜘蛛。足長ーいw しかも歩くの早い・・・
くも。関東じゃ見たこと無いけど・・・
この景色こそ奥入瀬渓流の醍醐味ですね!
清流と友人の赤いカッパが良いコントラスト。
轟音轟く、銚子の大滝。圧巻。
銚子の大滝。
森とBUELL。これもまたよし。
奥入瀬とBUELL
そしてお土産は奥入瀬ビール。3種類あるよ!
そして土産の奥入瀬ビール

十和田湖も見ようと思って歩を進めたのですが、途中からまたしても雨が・・・
十和田湖に辿り着いたときはもう土砂降りだったので、諦めて高速使って帰りました。
タンデムしてた友人はこれが原因でちょっと風邪引いちゃったみたい。。。ごめんよ!
僕にとっては久々の奥入瀬渓流で大変満足しました。ああ、やっぱりここは特別です。
友人と別れてから、青森市街で夕飯を物色。
友人からメールがあり、ここへ行ったら?という提案のお店へ。

地酒・田酒は口当たりがよくてスイスイいけます。
青森おでんは味噌生姜。これまた美味しいです。
そして新鮮な刺身。もう言うこと無し!
田酒と青森おでん、そして新鮮な刺身!
蕎麦は水が美味しいところだから当然ウマイ。たれが少し甘いのが特徴ですね。
蕎麦もウマイ。

柿源さん、美味しかったです。友人の紹介に感謝!
田酒でイイ感じにほろ酔いに。気持よく就寝しちゃいました。

奥入瀬周遊

EveryTrail - Find hiking trails in California and beyond

五日目。
予報は雨だったのですが、午前中には止んで晴れ間ががが。うっかり洗濯しちゃってたので、出るのが昼近くになってしまいました。
折角の晴れ間を逃す手はないと、高速で十和田湖へ。黒石ICで降りて、R102へ。
途中の道の駅「虹の湖」でランチを。

B級グルメ第二弾。黒石つゆ焼きそば。
焼きそばにラーメンスープぶち込んだ料理なんですが、なぜかウマイ。
黒石つゆ焼きそば。なかなか美味しかった。

お腹も満たしたので、出発。
程なく山道にいたり、滝ノ沢峠を越えたらもう十和田湖。

十和田湖外周。うん、まあ、普通w
十和田湖外周。
観光客が多いですね、やはり。
十和田湖。
乙女の像。うん、微妙w
乙女の像。
紅葉がちらほら始まっています。
紅葉し始めてます。

十和田湖はさらっと見て、折角なのでホテルへの帰りはまた奥入瀬渓流?八甲田経由で帰りました。
天気が良かったので、かなり気持ち良い道になりました。

前日にも寄った睡蓮沼ですが、天気が良くてよい眺めになりました。
晴れた睡蓮沼。
八甲田山とBUELL。黄色って良いコントラストになるなあ。
八甲田山もいいかんじ。
夕暮れの遠くに見えるのは、青森の富士・岩木山。
夕暮れの岩木山。

青森に戻り、最後の晩餐はてんぷらをいただきました。
これ、リッチモンドホテルの隣になるお店だったのですが、ここも美味しかったです。なんか、青森食べ物全部美味しくね?w

最後の晩餐はてんぷら。
ついでに十和田湖

EveryTrail - Find hiking trails in California and beyond

そんなこんなで青森滞在も終わりを迎えました。
翌日の六日目は移動日。朝から東京に着くまでずっと雨降りでした。。。
走行距離は2500kmほど。もうオイル交換しなくちゃですねえ。
青森、本当に素晴らしいところでした!
特に山の深さ、木々の荒々しさは印象深く残りました。明らかに関東の樹木と育ち方違うんだよなあ。。。
長々とお付き合いありがとうございました。
動画がまったく手をつけてませんが、そのうちアップします笑

2010年9月6日月曜日

【車載動画】100907_夏の終わりの林道祭

はい、今回もオフロード三昧でございます。
今回は埼玉、群馬、長野、山梨と山の中を繋いで走る夏の終わりの林道祭となりました。



動画観てもらえば分かりますが派手に転んでおります苦笑
とはいえ、本人に怪我もなくWRにも大したダメージも無く。いや本当にオフ車は丈夫ですね!

ツーリングの顛末は続きを読んでくださいませ!

朝5時に自宅を出て、一路関越自動車道で本庄児玉ICを目指します。
渋滞はほぼ無く、なんなく到着。朝ごはんは途中の高坂SAで済ませていました(今思えばこれが本日最初で最後の食事でした笑)
R462号を南下。道の駅・上州おにしまで来ましたが、まだ営業してませんでした。朝8時前だしね・・・

快晴!でも暑い!
道の駅 上州おにし

道の駅を越えて、しばし進んでから右折。御荷鉾スーパー林道に踏み込みます。
最初廃道化しているのか、草が道を塞ぐように生えていてビビリました。水たまりもそこかしこに。でも、途中からフラットダートになり、快適に走れるようになりました。
さて、御荷鉾林道への入口には通行止めの看板がありましたが、前の車が普通に入っていくのでついていきました。途中、車が先へ行けと合図したので先へ出て走ること数km。ここも道が良くて素敵な林道でした。
しばし進むと、公園のような施設が現れ、おじさんが立っていたので話しかけると
「この先は抜けられないよ。下仁田に迂回させられちゃうぞ。」
と言われました汗 でもまここまで来ちゃったのでとりあえずおじさんにお礼を言って進んでみると・・・

あら、素敵な景色!稜線上の林道ならでは。
御荷鉾スーパー林道

さらに進むと、道が急に険しくなりました。おじさんの言うとおり。さらに進むとゲートが。八倉峠に到着。

ゲートがっちり。土砂崩れって怖いわあ。。。
八倉峠、通行止め

ということで、下仁田方面へ北上。
県道45号にぶつかり、迂回するように南下。無事R299に合流。
道の駅・上野に一瞬停まり、そこからさらに上野大滝林道へ。
こちらにも通行止めの看板がありましたが、ゲートまではとりあえず行ってみようと思い走ることに。
で、走っていると結局ゲートは開いていてどうやら通過できるっぽい。
こちらの林道も川沿いの明るい林道で、清々しいです。トンネルの数が多くて変化に富んだ道でした。

深い木々が清々しい。
上野大滝林道にて
土砂崩れなんかは多いみたい。大岩が川に突き刺さってた・・・
巨大な岩が川べりに突き刺さってました

無事、上野大滝林道を越える時に不思議な光景が。。。
なんと遠目にもはっきり分かる素っ裸の女の子!僕が走る音に気付いたのか、すぐに下着を身につけ車の影に隠れました。連れの男性は大きなカメラを構えていたので、恐らくAVか変態カップルなんだろうと・・・なんだかなあって気分になりました苦笑
さて、気を取りなおして中津川林道に接続。
関東のオフライダーは誰もが通るという伝説の林道です笑
ここが思いの外フラットで、ペースがついつい上がってしまいました。
で、三国峠も間近というところの登り道でなんとハイサイド気味にコケました汗
スピードは元々大した事なかったんですが、道がそこだけクレバス化してて後輪を取られ、抜けた瞬間にグリップを回復し逆につんのめってしまった格好。幸い僕はプロテクター着用で無傷。WRも右のブッシュガードと、タンクの端っこを擦り傷作っただけで済みました。
コケると体力を消耗しますね・・・しばらく道の脇で休憩。
気持ちを落ち着けて再スタートして、なんとか三国峠に辿りつきました。

やっと三国峠。午後2時くらいになってしまいました。暑くて死ぬ・・・
三国峠
オフライダー達が沢山通ります。メッカですなあ。
ライダーが沢山行き交います

三国峠でのんびりしてから、今度はさらに南下して川上牧丘林道へ。
こちらの終点の大弛峠がゴールです。
前半は本当に美しい風景が広がりました。オンロードですが、ここに来るにはオフロードじゃないとかなり大回りなので、誰も走ってません。しばし疲れを忘れ快適クルージング。
後半になると、今回で一番険しい荒れ模様。大きな石がゴロゴロしてて、しかも車ものろのろと通過するので余計に気を遣いました。。。
かなりローペースで登ると、車道峠で国内最高地の「大弛峠」に到着。ゴール!

やっと到着。登山者が多く駐車場は車で一杯。
大弛峠
そこかしこに登山者が闊歩して賑わいます。2000mオーバーなのになあ笑
登山者が多く、駐車場も車がたくさん
ちょうど雲が出て涼しさを満喫。ありがたかったです。
少し雲が出てきましたらとても涼しい

帰りはこのまま舗装路へ下り、勝沼ICから帰宅しました。
今回走りに走ってしまい、ヘロヘロになったのが一番良くなかったですね。
林道は走り込めばいいってもんじゃなくて、きちんと体力配分しないとダメでした。昼飯も抜いてしまったのが良くなかった。知らぬ間にかなり疲れていたようで、そんな時のハイサイドは起こるべくして起きたということです。。。
ということで、もう少し体力と相談してゆとりを持って走らねばと思いました。
ゆっくり木々の観察や、山の静けさに耳を澄ます余裕を身につけないと!
・・・でもオフロードは本当にバイクの勉強になるし、楽しいです!
で、次の日体がダルくてダルくて苦笑 暑さでひーひー言いながら洗車して、YOYOさんへ初回点検持ち込みました。コケた事も説明して診てもらいましたが、全く問題無いとのこと。良かった。
晴れて、慣らし運転が終わりましたのでこれからも元気良く走りたいと思います!
ついでにiPhoneをGPSロガーとして使うソフト「EveryTrail」で計測したマップも参考までに。

100907_みかぼスーパー林道?大弛峠まで
Plan your trips with EveryTrail Mobile Travel Guides


��追伸>
昨日、MotoGp 2クラスの富沢祥也選手が亡くなったそうです。まだ19歳という若さで・・・
バイクは本当に素晴らしい乗り物ですが、それも元気に生きて帰ってこそ味わえるというもの。改めて身が引き締まる思いがしました。ご冥福をお祈りします・・・
© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall