11/3奥秩父に紅葉狩り

最近、少し生活を調整できるようになりツーリングに月に一度は行けるような感じになっています。
先日11/3は一年前慣らしで行った奥秩父に行きました。

早朝、関越三芳PA。快晴です。
前日の仕事帰り、予報より早く雨に降られたんですが、お陰で次の日快晴になってました。
これはツーリング行かねばと朝7時くらいにいそいそと出発。

首都高→外環→関越→圏央道で「圏央鶴ヶ島IC」で降りる予定がぼんやり通り過ぎて、次の「狭山日高IC」で降りました。

それから秩父方面へ向かいます。
この時点で本格的な快晴。ただし風はちょっと冷たく。
どうやらレイヤリングを失敗して、ちょっと薄着で来ちゃったみたい。

「道の駅・果樹公園あしがくぼ」で休憩。
ここちょっと早くきちゃうと「ずりあげそば」の店も閉まっていて、ただの休憩になりがちなんですが…この時期は「新そば祭」やってるんです。なので、ちょっとそれを狙って来たんですが、実は11/3だけおやすみ!ということで、ちょっと休憩して出発することにしました。

ちょうどこの日だけ新そば祭りおやすみ…
秩父でR140に接続し、今度は「道の駅大滝温泉」まで向かいます。
ちなみにこの日は温泉施設はおやすみ。その辺楽しみにしてた人はちょっとかわいそうでした。
そのせいか、道の駅自体もやや閑散としてました。

大滝温泉までくると紅葉の色付きもちらほら

この辺りにくるとさらに気温が下がっていて、ちょっと寒いなこれと思い始めます。
11時半くらいになっていたので、この道の駅でそばを食べるか悩んだのですが、ちょっとカロリーを求め去年と同じく大滝食堂でバイク弁当を買いました。

去年と同じルートで行くならこのまま雁坂トンネルに向かうのですが、今回は「中津峡」で紅葉が最盛期と聞いていたので、中津峡を目指します。

中津峡へは滝沢ダムを挟む橋の手前、県道210号に進路を取れば行けます。

噂に違わず紅葉が舞い落ちる最盛期。

確かに紅葉真っ盛りでした。
結構有名なところなのか、付近に路駐して写真を撮っている方が多かったです。

常緑樹と落葉樹が折り重なっていてカラフルですね。

走ってて、なんとなく思い出したんですが、このルートは中津川林道へ向かう道でした。

中津川林道はオフ車に乗ってた頃に走ったことがありますが、道も険しくなく初心者にオススメの林道でした。関東でも割と有名な林道だったはず。僕が走ってた当時はフラットダートな感じでオフ車以外でも走破するのはそんなに難しくなかった記憶があります。今はどうなのかな…

グッツィで中津川林道を走破するのは全然難しくないと思うけど、跳ね石とかで傷になるのも嫌だし林道手前のふれあいの森まで行って、林道には入らず引き返しました。

大人しく写真をパチパチして、雁坂トンネルに向かいました。
この頃は昼過ぎで一番気温が高い頃だったと思いますが、身体にこびりついた寒さが拭えずちょっとしんどくなってきました…

去年と同じところでパチリ。今回は快晴です。

紅葉が映るタンクもなかなかカッコイイです。
雁坂トンネルは残念ながら有料だったので580円を払って、帰りは中央道で帰ってきました。

で、家に帰って程なく寒さに震えだし、体調がおかしいと感じます。
ちょっと熱を測ってみたら38.7度をマーク。これはマズイと帰って早々家族に詫びて床に入りました。
夜は高熱にうなされ、翌日37度台に解熱。平日だったのに休む羽目になりました。

今回はレイアリングミスが大きかったですね。この辺の勘所がしょっちゅうツーリング行ってないせいか鈍っています…
ツーリング自体は天気にも恵まれ最高でした。

グッツィは出かける前に給油したきり、一度も給油せずランプも点灯せずの300km走破です。
やはり燃費はリッター20km超え。優秀だなあ。

最近はお土産とかもう少し積みたいと思うようになったので、大きいカバンにしたいです。
でもかちあがったマフラーが邪魔。ストーンのように後ろにまっすぐ低い位置で伸びてるマフラーに替えて大きいカバンを積みたい今日このごろです。

秋~冬が一番ツーリングに行きたくなる季節です。温暖な関東南部に住んでる恩恵ですね。
12月もツーリングに行きたいな。その時は防寒をパーフェクトにして風邪引かないようにしなくちゃ。

人気の投稿